« 働くおばあちゃん95才 | トップページ | デモクラカンパニー1 米パタゴニア社 »

2007年9月24日 (月)

デモクラシー・ファンドとは?

私たちが実現を目指す「デモクラシー・ファンド」について、Q&A形式でご紹介します。

●デモクラシー・ファンドとは一体なんのことですか?

社会的責任投資(SRI)の一種で、エコロジー・ファンドが自然環境保護を志向するように、デモクラシーを志向するファンドです。

●何のデモクラシーを志向するのでしょうか?

投資対象として企業を想定しているので、直接的には企業組織のデモクラシーです。現代は、多くの人たちが企業で働いているわけですから、これは社会全体のデモクラシーの進展につながると考えています。

●企業組織のデモクラシーとはどんなものでしょう?

デモクラシーを政治の民主主義制度のように考える必要はありません。権限委譲やエンパワーメント(どちらも組織の中で現場に近い人たちに意思決定を分散させる手法)もデモクラシーの一形態です。私たちは、従業員の経営への参加の度合いや、組織の権限の分散度などの「程度」の問題として捉えています。そのほかに、上場企業の場合には株主に占める個人(年金基金を含む)の割合の高さのような、ガバナンスの面も尺度に入れるべきではないかという議論もしています。

●企業でデモクラシーを進めてもうまくいかないのでは?

必ずしもそうではないでしょう。現にデモクラシーを標榜して成功しているセムコ社(ブラジル)のような会社もあります。基本的には、多くの企業で最も重要な資源である「人材」の潜在的な能力を引き出すことで、高いパフォーマンスを生み出すことができると考えています。もっとも、それほど単純でないのも確かですが。

●うまくいくためのポイントは?

働き方の自由度、メンバーの多様性、価値の共有、情報の共有、財務知識などの教育などが必要だと考えています。とくに価値の共有は欠かせませんが、これを具体的に示すのは今後の課題です。

●なぜ、ファンドなのですか?

外部から影響を与えていく手段としてファンドに目をつけました。企業組織のデモクラシーは法律で強制するようなものではないでしょう。デモクラシーが進展しても、業績が悪化してしまったら元も子もありません。ファンドであれば、リターンを求めなくてはならないので、業績に貢献するデモクラシーのあり方を見つけ出すインセンティブが働きます。

●ということは、高いリターンが期待できるのでしょうか?

私たちはそういう仮説を持っています。しかし、実証されてはいません。その意味でも、デモクラシー・ファンドは単なる高利回りファンドを目指すのではなく、社会的責任投資の一つだと捉えるべきだと思っています。それが結果的に、相対的に高いパフォーマンスを示す(可能性がある)というのは、エコ・ファンドなどと同様です。

●いつ実現するのでしょう?

1年前に研究会を始めたときは「2年後」を目標にしていましたが、もう1年経ってしまいました。必ずしも私たち自身がファンドを運用するところまで担うつもりはないので、趣旨に賛同してくれるパートナーが見つかれば、意外に早く実現するかもしれません。

|

« 働くおばあちゃん95才 | トップページ | デモクラカンパニー1 米パタゴニア社 »

デモクラシーファンド研究センター概要」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デモクラシー・ファンドとは?:

« 働くおばあちゃん95才 | トップページ | デモクラカンパニー1 米パタゴニア社 »